航空会社への転職

より良い職や待遇を求めて、転職をするというのが一般的な行為になってきました。
かつて日本には終身雇用制というものがあり、その代わりに一生その会社に務めるという義理があってか転職は良いものだと見られていませんでしたが、デフレとリストラによる終身雇用制の崩壊によって個人が個人のために転職をすることに対して許容する雰囲気が形成され始めています。
これは自分の人生と仕事の関係を考える上で、大きな前進だといえるでしょう。


転職にも色々な種類があります。
まず大きく「同じ業界への転職」と、「違う業界への転職」に分類することが出来るでしょう。
同じ業界への転職の場合には自分が培ってきたノウハウを活かしてよりキャリアを上げていくことを目指したり、あるいは自分にあった仕事のスタイルが出来る職場を探す、という場合に行われます。
また、人間関係などに問題があるものの、新しい仕事に就くのは難しい場合などもこのタイプの転職が取られることになります。


対して違う業界への転職は、今持っているノウハウがあまり役にたちません。
勿論営業や事務などの基本的な部分については別ですが、より具体的な仕事内容は転職先で学ばなければならず、イチからのスタートとなることを理解しておく必要があります。
そのため、難易度はこちらの方が高くなります。


そこで今回は、違う業界から航空会社への転職を行いたいという人を対象に、どのような選択肢があるのかを紹介します。


Copyright © 2014 航空会社に転職したい! All Rights Reserved.